1. 貧困・所得保障

    「年金あてにせずマネーゲームと自己責任で2千万円貯蓄せよ」とする報告書の異常――麻生財務大臣が受け取り拒否しても「年金100年安心」などとした政府の失敗は消せない

    金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」の報告書はひどい代物だが、主張は明快だ。高齢者の夫婦世帯の家計が月平均5万円の赤字で、貯蓄が取り崩されていることを根拠に、現役時代に2000万円の金融資産をつくるべく、自己責任で資産管理に励むべきだと言い放ったのである。月5万円の赤字は年金引き下げと保険料引き上げが生んだそもそも、月5万円の赤字はどうして生じているのか? 図…

  2. 新自由主義

    <所得や資産への「課税」はそもそも「強奪」であり、「累進的課税」はなおさらだ>という見解はどこがまち…

    相当な規模になるだろう社会保障の財源を税金から捻出することに関しては、昔から根強い反発、抵抗があり、現代の新自由主義も、この捻出を不当なものとする議論を旺盛に展…

  3. 雇用・労働

    「働き方改革一括法案」の欺瞞――労働者を財界の使い捨てにさせてはならない

    1.安倍政権による「働き方改革」の意味2016年5月18日、安倍政権は「ニッポン一億総活躍プラン」を発表し、同年6月2日に閣議決定しました。これから目指す「…

  4. 経済

    「実感なき景気拡大」はなぜ続いてきたのか? ――大企業に対する規制緩和、増やされる株主配分、抑えられ…

    柴田 努(岐阜大学)はじめに――なぜ大企業は株主配分を増加させてきたのか?2000年代以降、日本の大企業はグローバル展開の加速と国内の生産コスト抑制…

  5. 貧困・所得保障

    どこに住んでいても最低賃金1500円以上が必要な5つの理由

    【どこでも最賃1500円が必要な理由その1】「ふつうの暮らし」を実現する費用に地域ごとの差はそれほどない筆者は、マーケット・バスケット方式(全物量積み上…

  6. 新自由主義

    生活保護バッシングのフェイクが無造作に行き渡り、個人・家族の「落ち度」へ集中攻撃する日本社会と「福祉…

    日本が培ってきた「企業主義的エートス」 「福祉国家的エートス」などという社会心情がはたして存在するのか? そう思うのは日本では自然のことかもしれない…

  7. 新自由主義

    マルクス理論を活かしてグローバルな資本主義の現実と対峙する知識人――デヴィッド・ハーヴェイの日本滞在…

    大屋定晴(北海学園大学、社会経済学、グローバリゼーション論) デヴィッド・ハーヴェイは世界的に著名なマルクス研究者であり地理学者です。その彼が2017年…

  8. 貧困・所得保障

    【紹介、拡散希望】生活保護基準の引き下げに反対する緊急声明:佛教大学社会福祉学部教員有志

    福祉国家構想研究会副代表の岡﨑祐司先生(佛教大学社会福祉学部教授)から、昨年末に発表された生活保護引き下げに反対する声明が寄せられましたので紹介します。『誰でも…

  9. 貧困・所得保障

    20代単身で無貯蓄6割、無貯蓄世帯の子どもはこの15年で倍増、相当額の貯蓄を前提とする生活様式(世帯…

    ここ数年、貯蓄がない世帯が急増している。日銀の外郭団体である「金融広報中央委員会」は毎年、「家計の金融行動に関する世論調査」を行っているが、今年の6、7月に行わ…

  10. 貧困・所得保障

    最低賃金1500円なら「ふつうの暮らし」がギリギリ可能――衆院選で最賃1500円実現めざす政治へ転換…

    最低賃金1500円と1000円の決定的違い──1500円なら「ふつうの暮らし」がギリギリ可能最低賃金1000円と1500円では質的な違いがある。最低賃金15…

お知らせとお断り

  • このブログの記事は、研究会の会員・非会員を問わず、研究会事務局から執筆を依頼しているものです。
  • 福祉国家構想研究会のウェブサイトを開設しました。ブックマーク、拡散などご協力よろしくお願いします。
    https://www.fukushikokka.org

カテゴリー

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. 経済

    「実感なき景気拡大」はなぜ続いてきたのか? ――大企業に対する規制緩和、増やされ…
  2. 貧困・所得保障

    最低賃金1500円なら「ふつうの暮らし」がギリギリ可能――衆院選で最賃1500円…
  3. 新自由主義

    マルクス理論を活かしてグローバルな資本主義の現実と対峙する知識人――デヴィッド・…
  4. 貧困・所得保障

    20代単身で無貯蓄6割、無貯蓄世帯の子どもはこの15年で倍増、相当額の貯蓄を前提…
  5. 平和・安保法制

    北朝鮮の核・ミサイル問題の危険性を高める安倍政権の戦争法・9条改憲・核抑止――衆…
PAGE TOP